SUSTAINABILITY

ワークライフバランス
への取組み

従業員がやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て・介護の時間や家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる豊かな生活ができるよう、従業員の仕事と生活の調和の実現を目指し、取り組んでいます。

ワークライフバランスへの取組み

1.計画期間

令和2年4月1日〜令和7年3月31日までの5年間

2.内容

目標1:社員が育児休業を取りやすいような環境を整備する。

  • <対策>
  • 育児休業制度の周知、育児休業に関する相談窓口の設置
  • 育児休業が取りやすいような業務体制の整備(代替要員の確保等)
  • 育児休業終了時の復帰のための体制の整備
  • 男性の育児休業の取得促進

目標2:従業員の時間外労働を減らし、社員が仕事と生活の調和がとれるような環境を整備する。

  • <対策>
  • 時間外労働の原因の分析等の実施
  • 特に時間外労働が多い職場について、安全衛生委員会等に付議するなどの対策の実施
  • 年次有給休暇の取得促進

数字で見る、AGCエレクトロニクス
~ワークライフバランスに関するデータ~

平均時間外(残業)時間

平均時間外(残業)時間 平均時間外(残業)時間

有給休暇取得率

有給休暇取得率 有給休暇取得率

※2019年度の平均有給休暇取得日数は、16.4日です。全国的に見ても、有給休暇は取得しやすい環境です。

育児休業取得率

育児休業取得率 育児休業取得率

※2020年度に入り、男性の育児休業取得者が数名増えました。今後も男女ともに育児休業が取りやすい環境づくりに取組みます。